2014年01月23日

抗生物質と肥満の関係

米ニューズウィーク誌
A Gut Reaction  
ニューズウィーク日本版
抗生物質があなたを肥満にする

抗生物質と肥満、関係があるそうです。
抗生物質を飲むとお腹が緩くなるというのを
皆様は実感することがあると思います。

そうです。
抗生物質は腸内の細菌叢を変えてしまうのです。
常時抗生物質を摂っていると
菌の種類が少なくなるそうです。
で、腸内細菌の種類が少ないと肥満する傾向があるとのこと。

ありそうですね。

腸内細菌が乱れていると
まず便秘になりそうですね。
そうすると、栄養吸収や食欲が正常では
なくなる可能性が高まります。

結果、食物摂取➠エネルギー化が
うまくすすまず、
エネルギー化しなかった余分なカロリーが
脂肪蓄積となる・・・。

自分としては納得です。

抗生物質、
病院に行くと結構貰いますが
常用しないようにしたいと思いました。
posted by ミッヒ55 at 23:08| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。